当事者の立場で考える「最新の福祉」

2024年6月13日

写真は、視文協主催 第1回福祉セミナーの様子。講師の坂倉幸(さかくら さち)さんの本音いっぱいのお話を、熱心に時に笑顔で聴く参加者。

ここから下が本文です。

 日本の障害者支援の歴史から、4月に改正された障害者総合支援法と実情の解説、そして、メインテーマ「事業所やヘルパーによって、なぜ対応の違いが生じるのか」へと話が進みました。参加者からも体験事例が次々と発言。それに対し坂倉さんは「利用者さんは、小さな不満や不安はきちんとお伝えしたほうがいいですね」とアドバイス。「障害の有無に関わらず尊厳のある自立した生活」を送るためのヒントが散りばめられた講演でした。

セミナーの内容は、後日放送いたします(放送日時などは追ってトップページに掲載いたします)

以上で本文は終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA