「合理的配慮の義務化」で何が変わる?

2024年6月27日

写真は、「合理的配慮の義務化」の現状を事例を交え分かりやすく解説する弁護士の荻野泰三(おぎの たいぞう)さん。視文協主催 第2回福祉セミナーの様子。

ここから下が本文です。

 4月から義務化された「障害者への合理的配慮の提供」。企業や団体や店舗などの事業者が対象ですが、実際に合理的配慮の提供を受けるには、まず、障害当事者が申し出を行なうことから始まります。適切な配慮を受けるためには、「会話のキャッチボールで歩み寄ることが大切」、「目的や理由を分かりやすく伝える」など、スタート間もない今の時期だからこそ大切な障害当事者側の心得も聴くことができました。

セミナーの内容は、後日放送いたします(放送日時などは追ってトップページに掲載いたします)

以上で本文は終わりです。