現在位置は、トップページの中のイベント情報です。

ここから本文です

イベント情報

【兵庫・西宮】音声サポート付演劇「夢をみせてよ」

2020年2月29日

 介助犬をはじめとする人に寄り添い助ける犬。犬がいて、人がいて、その数だけある物語を音声ガイドサポート付きで上演されます。

上演作品
「夢をみせてよ」
 兵庫県立ピッコロ劇団第66回公演
 ピッコロシアタープロデュース
 作/岡部尚子(おかべ・なおこ)
    劇団 空晴(からっぱれ)座長
 演出/内藤裕敬(ないとう・ひろのり)
     劇団 南河内万歳一座(みなみかわちばんざいいちざ)座長
 出演/ピッコロ劇団員ほか
    客演 小川菜摘(おがわ・なつみ)

上演日 音声ガイドサポート実施日
 2月29日土曜日 11時開演の部と16時開演の部

会場 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
   兵庫県西宮市高松町2-22
    阪急西宮北口駅スグ

ストーリー
宝塚市の介助犬シンシアはじめ、人に寄り添い助けてくれた、たくさんの有名な犬たち。
一方、ふと脳裏にうかぶ、かつての飼い犬、よそのお宅の愛犬、ペットショップで目が合ったあの子。
犬がいて、人がいて、その数だけある物語。
いろんな犬と人が生きる2020年、犬と人のこと、お芝居にしてみました。
(同作品公式サイトより抜粋)

チケット 全席指定
一般 4500円
大学生・専門学校生 3000円
高校生以下 2500円
※ピッコロサポートクラブ会員は招待または割引あり
※未就学児の入場不可

チケット購入
・芸術文化センターチケットオフィス
 電話 0798-68-0255(10時から17時 月曜休み・祝日の場合翌日休み
 インターネットhttp://www.gcenter-hyogo.jp
・ピッコロシアター
 電話 06-6426-1940(9時から21時 月曜休み・祝日の場合翌日休み
・イープラス
 インターネット http://eplus.jp
ほか

支援サービス
・点字版プログラム
・駅から会場までの送迎
・音声ガイド付き上演
  ピッコロ劇団の俳優により、舞台上の風景や登場人物の動きや表情などのライブ開設

問い合わせ・サポートの相談
ピッコロ劇団 担当 古川(ふるかわ)村田(むらた)新倉(にいくら)
電話 06-6426-1940 ファックス 06-6426-1943
メール theater@hyogo-arts.or.jp

ピッコロシアター「夢をみせてよ」公式ページ
http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/event/detail/?id=289

主催 兵庫県立尼崎青少年創造劇場 兵庫県 兵庫県立芸術文化センター
後援 株式会社サンテレビジョン
協力 宝塚市 社会福祉法人日本介助犬協会 特定非営利活動法人日本補助犬情報センター 特定非営利活動法人兵庫介助犬協会ほか多数
ここまで

【東京】鑑賞サポート付き演劇「カノン」

2020年3月13日

 1972年に起こった浅間山荘事件をモチーフにした演劇。視覚障害者のために開演前の舞台説明会が行なわれます。
※舞台説明会希望者は、チケット購入の上事前申し込みが必要です

上演作品
「カノン」
 作 野田秀樹(のだ・ひでき)
 演出 野上絹代(のがみ・きぬよ)
 出演 中島広稀(なかじま・ひろき)さとうほなみ 渡辺いっけい(わたなべ・いっけい)ほか

日時 
 3月13日(金)
  12時40分 受付開始
  12時55分から13時25分 舞台説明会
  13時30分 開演

会場 東京芸術劇場シアターイースト
    東京都豊島区西池袋1-8-1 電話03-5391-2111
    ・JR、東京メトロ、東武東上線、西武池袋線 池袋駅西口から徒歩2分

作品概要
 演出家で振付家で俳優の野上絹代(のがみ・きぬよ)が、野田秀樹作品の演出に挑む。浅間山荘事件がモチーフで、思想と理想、人間の本質、若者の焦燥と躍動、自由の意味を問い直す作品。

チケット 全席指定
 障害者 4500円 付添1名様無料 障害者手帳が必要
 一般前売 5000円
 65歳以上 4500円
 25歳以下 3500円
 高校生以下 1000円

支援サービス
 ・開演前の舞台説明
 ・上演中の音声ガイド
 ・駅から会場までの送迎
 ・場内誘導 ほか

チケット購入・支援サービス予約・問い合わせ
 東京芸術劇場ボックスオフィス チケット販売窓口
 電話 0570-010-296(休館日を除く10時から19時)
 ファックス 03-5944-8651
 メール ticket@geigeki.jp

公式ホームページ
https://www.geigeki.jp/performance/theater227/
ここまで

【兵庫・明石市】全盲高校生ミュージシャンの単独ライブ

2020年3月15日

 全盲の高校生ミュージシャン「かしわもち・かずと」の単独ライブが開催されます。
小学生の時の初ライブから6回目の今回は、高校生として最後のライブとなります。

日時 2020年3月15日(日)
   13時から入場整理券配布 13時30分開場 14時開演

会場 子午線ホール
    明石市東仲ノ町6番1号 アスピア明石北館9階 電話 078-918-5600
     JR神戸線または山陽電鉄の明石駅南口ロータリーから左手へ徒歩約3分
     有料駐車場あり

チケット 前売1000円 当日1500円 いずれも税込
     ※全席自由席
     ※未就学児ひざ上無料

チケット購入方法
 1 イープラス(手数料必要)
   https://eplus.jp/sf/detail/3149250001-P0030001
 2 予約取り置き可

かしわもち・かずと プロフィール
 兵庫県明石市在住の高校3年生。先天性の網膜疾病のため生まれつきの全盲。
 9歳の時、独学でギターを始め、その奏法はギターをお琴のようにして弾く
 「かしわもちスタイル」。
 2011年5月5日に、ミュージシャンの嘉門タツオから「かしわもち・かずと」と
 命名。それを機に本格的な音楽活動を開始。
 フォークソングなどのカバーから、最近はオリジナル曲も制作する。

問い合わせ
 カシワモチミュージック
  メール kazuto@kashiwamochi.net
  電話 090-7343-1368

かしわもち・かずと公式ホームページ
http://www.kashiwamochi.net/
3月15日ライブ紹介ページ
http://www.kashiwamochi.net/20200315live.html
ここまで

3/26〜29【東京】サポート付演劇「こうもりがさとかぼちゃ」

2020年3月26日

 幕末から明治時代を背景に、日本初の女性写真家である妻とその夫が繰り広げる
オモロイ夫婦の物語。音声ガイドサポート付きで上演されます。

上演作品
「蝙蝠傘と南瓜(こうもりがさとかぼちゃ)」
 作・演出/詩森ろば(しもり・ろば)
 出演/林田麻里(はやしだ・まり)、館野元彦(たての・もとひこ)ほか

上演日 音声ガイドサポート実施日全5公演
 3月26日木曜日 19時開演の部
 3月27日金曜日 14時開演の部
 3月28日土曜日 14時開演の部と19時開演の部
 3月29日日曜日 14時開演の部
 終演後に舞台説明会あり
 舞台セットや小道具を直に触ったり、出演者との交流など

会場 銅鑼アトリエ
    東京都板橋区中台1-1-4 電話03-3937-1101
    東武東上線上板橋駅北口から徒歩10分
    ※希望者に改札からの案内あり・チケット購入時に申し出を

ストーリー
日本初の女流カメラマンおりゅうが写す、あまり知られていない花のお江戸の最後の日々の物語。
あなたっ!写ってます! 時は元治元年、徳川300年の世界が終わる4年前。浅草に、白い壁と小さいが小ざっぱりとした庭がある家を借りた島霞谷(しま・かこく)と隆(りゅう)夫妻。幕府からの通達で写真技術の研究を始めたものの、新しい技術に四苦八苦する夫とそれを手伝う妻。二人のもとには、貧しい庶民や役者たち、画家や武士たちと、ありとあらゆる人々が、彼らを慕って集ってくる。(同作品公式サイトより抜粋)

チケット 一般4500円 30歳以下3600円
     板橋区に在住または在勤または在学者割引 4050円
     視覚障害者の付き添い者 1名無料

チケット購入 劇団銅鑼(どら)電話03-3937-1101

支援サービス
・テキスト読み上げ用のページ
 http://www.gekidandora.com/titles/koumorigasatokabotcha/onseiguide_service/
・読上げ機能対応事前メールサービス
 あらすじ、配役紹介、舞台セットの説明、駅から会場までの道順説明
・開演30前に席へ案内
・音声ガイドサービス
・付き添い者のチケット代無料ほか

問い合わせ
 劇団銅鑼(どら)
  電話 03-3937-1101平日10時から18時
  ファックス 03-3937-1103
  メール info@gekidandora.com

蝙蝠傘と南瓜(こうもりがさとかぼちゃ)公式読み上げ専用ページ
http://www.gekidandora.com/titles/koumorigasatokabotcha/onseiguide_service/
ここまで

【東京】鑑賞サポート付き和太鼓コンサート

2020年4月19日

 東京都練馬区を拠点として活動する太鼓集団天邪鬼(あまのじゃく)が開催する鑑賞サポート付きバリアフリーコンサート。和太鼓演奏に加え、篠笛、津軽三味線との特別共演も行なわれます。

公演名
魂を揺さぶる音 太鼓集団天邪鬼コンサート

日時 2020年4月19日(日)
   13時15分開場 公演時間 14時から16時 途中20分休憩あり

会場 練馬文化センター 大ホール
    東京都練馬区練馬1-17-37 電話 03-3993-3311
    西武池袋線 練馬駅中央北口から徒歩1分
    西武有楽町線 練馬駅中央北口から徒歩1分
    都営地下鉄大江戸線 練馬駅北口徒歩1分

鑑賞サポート
 点字版プログラム・館内誘導ほか

チケット 大人3000円 中学生以下1500円 全席指定

チケット購入方法
 練馬文化センタープレイガイド
  予約電話 03-3948-9000 10時から17時
  インターネット 無料の利用登録が必要
  https://yyk1.ka-ruku.com/neribun-s/showList

問い合わせ
 公益財団法人練馬区文化振興協会
 電話 03-3993-3311 ファックス 03-3991-9666
 メール info-neri@neribun.or.jp

魂を揺さぶる音 太鼓集団天邪鬼(あまのじゃく)コンサート
https://neribun.or.jp/event/detail_n.cgi?id=201912061575611832
ここまで

募金・ご寄付・ご協賛のお礼