現在位置は、トップページの中のイベント情報です。

ここから本文です

イベント情報

【東京】鑑賞サポート付ミュージカル「ホンク!みにくいアヒルの子」

2020年2月16日

 アンデルセンの名作童話『みにくいアヒルの子』をもとにしたミュージカルを歌唱サポート付きで観劇できます。

上演作品
「ホンク!みにくいアヒルの子」英語上演
 トルゥーカラーズミュージカル

 芸術監督/リーガン・リントン
 演出/ステイシー・ダンジェロ
 キャスト/劇団ファマリー
      視覚障害、聴覚障害、身体障害、脳障害、自閉症、その他難病とともに生きる
      日本人アーティスト2名を含む俳優陣

      劇団ファマリーについて
      1989年にアメリカのコロラド州デンバーにて非営利団体として設立。
      演劇や音楽やダンスほか芸術活動を望む障害者に対し、舞台芸術の世界から
      就労や自立や社会参加の場を提供。良質な作品を提供するために公演ごとに
      オーディションを実施している。

上演日
 2月15日水曜日
   16日木曜日 いずれも13時30分開場 14時開演

会場 東京建物ブリリアホール(豊島区立芸術文化劇場)
    東京都豊島区東池袋1-19-1
    JR線または東京メトロまたは西武池袋線または東武東上線
    池袋駅東口から徒歩4分

ストーリー
アヒルの鳴き声とは違う主人公アグリー。母アヒルのアイーダは、兄姉たちからいつも
仲間はずれのアグリーに愛情を注ぐ。鳥たちの天敵、猫の誘いに乗って連れ出された
アグリーは、農場内をさまよいながら様々な新しい友達と出会う。そして他と違っている
ことが個性だということを発見していく。(同作品公式サイトより抜粋)

チケット 全席指定
 一般 4500円 前売4000円
 25歳以下 2500円 前売2000円
 12歳以下 1000円 前売同額
 前売のみ2名ペアチケット販売 1組6000円

チケット購入
・としまチケットセンター
  電話 0570-056-777 10時から17時
  ホームページ https://www.e-get.jp/tsm-mirai/pt/
・チケットぴあ Pコード 499163
  電話 0570-02-9999 音声ガイダンス24時間受付
  ホームページ https://t.pia.jp
・ローソンチケット Lコード 34048
  電話 570-000-407 オペレーター対応10時から20時
  ホームページ https://l-tike.com/
ほか

支援サービス
・タッチツアー(上演前に舞台美術を触れるツアー)
  開始時間12時 所要時間30分
・事前解説(上演前のあらすじを解説・本編は英語上演)
  開始時間 13時 所要時間15分
・点字版プログラム
・駅から会場までの送迎
・音声ガイド機貸し出し
・通路側席確保

問い合わせ
トゥルーカラーズ フェスティバルオペレーションオフィス
 電話 03-6455-3335 平日10時から18時
 ファックス 03-6455-3336
 メールinfo@truecolors2020.jp

「ホンク!みにくいアヒルの子」公式ページ
https://truecolors2020.jp/program/musical/
ここまで

【東京】香りのワークショップ「暗闇の世界を聞く」

2020年2月16日

 天然の香木を使った和の香りの中で、身体につけることができる塗香(ずこう)を
作ったり、参加者のイメージに合わせて、創香家(そうこうか)とDJが香りと音で
応えるというディスカッションを行なったりするイベントです。

日時 2月16日(日)13時から

会場 蟠龍寺(ばんりゅうじ)
    東京都目黒区下目黒3-4-4 電話 03-3712-6559
    ・JR山手線 目黒駅中央改札口西側から徒歩10分

イベントの内容
 第一部 13時から15時くらいまで 定員10名
     テーマ「塗香(ずこう)創りワークショップ」
      天然香木を使ってオリジナルの塗香(ずこう)を作り、香りをたのしむ
      創香家/今井麻美子(いまい・まみこ)

 第二部 15時30分から16時30分 第一部または第三部の参加者に限る
     テーマ「ディープ蟠龍寺(ばんりゅうじ)」
      蟠龍寺(ばんりゅうじ)境内ツアー
      浄土宗蟠龍寺 副住職/吉田龍雄(よしだ・たつお)

 第三部 17時から18時10分 定員10名
     テーマ「暗闇の世界を聞く」
      暗闇の中で行なう香りと音の禅問答的ディスカッション
      天台宗常行寺 僧侶・DJ/友光雅臣(ともみつ・まさおみ)

参加費 第一部と第二部のみ 5000円
    第二部と第三部のみ 3000円
    第一部から第三部すべて 8000円
    いずれも視覚障害者割引適用

申し込み受付フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf49qPae4za7hNxAzHBV9190w2JQzL4dRuDhU-z_uVVz-GGvw/viewform

暗闇の世界を聞く公式ページ
https://tachibanano-kai.wixsite.com/tachibananokai/blank-15

主催 橘の会
ここまで

音声ガイド付き上映会「10万年後の安全」

2020年2月23日

 フィンランドにある放射性廃棄物処理施設の100年後までの安全性確保や、安全レベルになるまで10万年を要することを後世に伝える困難などをドキュメンタリー映画を音声ガイド付きで鑑賞できます。

上映作品
「100000年後の安全(じゅうまんねんごのあんぜん)」上映時間79分
2009年 デンマーク・フィンランド・スウェーデン・イタリア共同製作・日本公開2011年

監督 マイケル・マドセン

同作品公式サイトより
 未来のみなさんへ
 ここは21世紀に処分された放射性廃棄物の埋蔵場所です。
 安全な所に保管する必要があります。決して入らないでください。
 放射性物質は危険です。透明で、においもありません。絶対に触れないで下さい。
 地上に戻って、我々より良い世界を作ってほしい。
 近づかなければ安全です。幸運を。

日時 2月23日日曜日
    13時10分開場 13時30分上映開始
    上映後にミニトークあり 16時30分終了予定

会場 三茶しゃれなあどホール(世田谷区民会館別館)集会室オリオン 
   電話 03-3411-6636 東京都世田谷区太子堂2-16-7
    東急田園都市線 三軒茶屋駅北口から徒歩1分
    東急世田谷線 三軒茶屋駅から徒歩3分

入場料 無料 全席自由
鑑賞サポート
・音声ガイド NPO法人ビーマップ 中尾るか

申し込み・問い合わせ
 世田谷区視力障害者福祉協会 担当 梅崎
 電話080-1108-8689

主催 世田谷区視力障害者福祉協会
協力 ビーマップ
ここまで

音声ガイド付き上映会「太陽の蓋」

2020年2月24日

 東日本大震災と福島第一原子力発電所事故が発生した2011年3月11日からの5日間の新聞記者・日本政府要人・東京や福島で暮らす人々の姿に密着。当時の菅内閣の政治家すべてが実名で登場するリアルな作品を音声ガイド付きで鑑賞できます。

上映作品
「太陽の蓋(たいようのふた)」 2016年製作・上映時間130分

監督 佐藤太(さとう・ふとし)
脚本 長谷川隆(はせがわ・たかし)
出演 北村有起哉(きたむら・ゆきや)袴田吉彦(はかまだ・よしひこ)
   中村ゆり(なかむら・ゆり)三田村邦彦(みたむら・くにひこ)ほか

日時 2月24日(火)
上映スケジュール
 1回目 10時10分開場 10時30分から12時40分まで上映
  太陽の蓋・オリジナル版上映(130分)
  (ユーディーキャスト方式による音声ガイド対応)

 2回目 13時10分開場 13時30分から15時まで上映
  太陽の蓋・ショート版上映(90分)

 アフタートーク 15時開始
  スピーカー
   衆議院議員 枝野幸男(えだの・ゆきお)
   映画評論家 寺脇研(てらわき・けん)
  コーディネーター
   自然エネルギー政策研究所代表 橘民義(たちばな・たみよし)

会場 日比谷コンベンションホール(日比谷図書文化館地下)
    東京都千代田区日比谷公園1-4
    電話 03-3502-3340
最寄り駅 東京メトロ丸の内線または日比谷線 霞ヶ関駅B2出口から徒歩約3分
     都営地下鉄三田線 内幸町駅A7出口から徒歩約3分
     東京メトロ千代田線 霞ヶ関駅C4出口から徒歩約3分
     JR 新橋駅日比谷口から徒歩約10分

チケット 前売1000 円 当日1500円
     全席自由入れ替え制
鑑賞サポート ユーディーキャスト方式による音声ガイド

予約受付
 太陽の蓋上映実行委員会
 電話 090-7723-4214 平日10時から18時
 メール info@taiyounofuta.jp

詳細ページ
https://palabra-i.co.jp/2020/02/taiyounohuta/
ここまで

2/26締切【東京】代筆・代読支援の実施に向けたシンポジウム

2020年2月28日

 視覚障害当事者や、その支援者、また自治体が協力し、全国レベルで代筆代読支援の
実施が広まることを目的に開催されます。

日時 2月28日(金)13時30分から17時(13時開場)
会場 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター内ホール6C 電話 03-4577-9270
    東京都新宿区市谷八幡町8番地TKP市ヶ谷ビル
最寄駅 JR市ヶ谷駅から徒歩1分
    東京メトロ南北線 市谷駅7番出口から徒歩約1分

参加費 無料

主な内容
13時30分 開会
13時40分 視覚障害者への代筆代読支援に関する調査研究調査結果報告
14時   事例報告
      実施自治体から自治体担当者・利用者・支援者
      未実施自治体から利用者・支援者
15時30分 意見交換 代筆代読支援はなぜ必要か?
      コーディネーター(予定)
      中野泰志(慶應義塾大学経済学部教授)
      渡辺哲也(新潟大学工学部工学科准教授)
17時   終了

申し込み
 日本視覚障害者団体連合組織部
  メール jim@jfb.jp
  所属団体名・氏名・メールアドレス・電話番号・付添者の有無・点字資料を記載

申し込み締め切り 2月26日(水)まで

問い合わせ
 社会福祉法人日本視覚障害者団体連合 組織部団体事務局
 電話 03-3200-0011 ファックス 03-3200-7755
 メール jim@jfb.jp

公式ホームページ
http://nichimou.org/notice/jimu-200214/
ここまで

募金・ご寄付・ご協賛のお礼