現在位置は、トップページの中のJBSフォトアルバムです。

ここから本文です

JBSフォトアルバム

女でもつミニラジオ局  2017年12月29日

 読み手も、ミキサーも女性。女でもつ、視覚障害者向けの小さなラジオ局、JBS日本福祉放送。多彩な女性の力に支えられて、2017年も1年間、目の見えない・見えにくい人びとへ新聞を音訳(朗読)するなどして、「目の代わり」の役割に努めることができました。感謝です。
 写真は、暮れも近い日のJBS日本福祉放送のスタジオで、生放送番組「今日の新聞」がスタートするところ。(信)

JBSの四季〜師走〜 2017年12月18日

 JBS日本福祉放送は、水都大阪を代表する大川をのぞむ都島区網島町から視覚障害者向けの番組をお届けしています。
 この大川に架かる天満橋、天神橋、難波橋は「浪華三橋」として有名ですが、天満橋から400メートルほど上流に、小さいながらも存在感たっぷりの橋があります。その名を「川崎橋」、お年を召した方には、「ぜにとり橋」と言うほうがお馴染みかもしれません。名前の由来は、江戸時代にあった「川崎渡し」から、通称は、明治に入り私設の橋に代わった際に、通行料、つまり銭を取ったからだそうです。
 昭和53年に架設された現在の「川崎橋」は、人と自転車専用で、高い塔から出ているケーブルが特徴の斜張橋。この美しい橋に「銭取り」の名前は、もう似合わないように思います。
 写真は、師走には珍しい好天の日、川崎橋を北区側から眺めたところ。向こう岸にJBS。(瀧)

音で触れ合う     2017年12月2日

 歌は、いい。歌っても、聴いていても。
 JBSの2017年度の「音で触れ合う」(カラオケ大会)の決勝戦が2日、大阪市内の東成区民センター小ホールに170人を集め、賑やかに行われた。
 予選会を勝ち抜いて来た人たちだけあって、皆が上手い。ステージ用の白や桃色のドレスで身を包み、思いっきり非日常的なカラオケ遊びを楽しむ女性。スーツで決めてさり気なさを装いながらマイクを持つ男性。みんなそれぞれが、「コンサート出演」気分をエンジョイ。
 写真は、『島唄』を歌い、2017年度のJBS杯を手にした長畑孝一さん(右)、優秀賞の比嘉薫さん(左)、同じく優秀賞の恵美昌代さん(中央)。(信)

盲導犬と歩く!    2017年11月19日

 クリスマスツリーが飾られた大阪の梅田地下街ディアモール大阪で19日、日本ライトハウス盲導犬訓練所の指導員や訓練士など関係者が20人ほど集い、盲導犬歩行体験会(主催:KVS竹田幸代代表)が行われた。犬は、訓練犬が2頭、ユーザーの犬が2頭、都合4頭いずれもラブラドール。
 盲導犬との生活に関する説明と一緒に歩く体験とを組み合わせ、しかも大阪でもっとも賑やかな梅田の地下街で実施されたのがいい。通行人も珍しそうに見入っていた。
 写真は、訓練士の山口恵(右)さんと上野桂子さん。

JBSの四季〜霜月〜 2017年11月7日

 JBS日本福祉放送は、水都大阪を代表する大川をのぞむ都島区網島町から、視覚障害者向けの番組をお届けしています。
 この大川の川沿いは「毛馬桜之宮公園」として親しまれ、上流の毛馬閘門(こうもん)から下流の天満橋まで全長4.2kmにも渡り、リバークルージングも楽しめます。特にこの季節は、約4800本も続く桜並木や他の広葉樹が真っ赤に色づき、深まりゆく秋を愉しめるスポットです。
 写真は、紅葉をバックに行き交う水上バス「アクアライナー」と「屋形船」。舟遊び今昔。(瀧)

白杖を持っている人はどんな人?
        2017年10月29日

 「白杖を持っている人は全盲とは限りません」。こんなメッセージが書かれたストラップをご存知でしょうか。
 晴眼者の白杖に対する知識はまだまだ浅く、無理解がゆえに、「あの人、白杖持ってるけど携帯見てる…」という疑問を持つ人がいるそうです。
 視覚障害者で全盲の人は約1割、それ以外の人は弱視者またはロービジョンといわれる人で、目の前のものは見えるけれど周囲の様子は見えない、色の区別がつかないなど、外出時には白杖を必要とする人です。また、道路交通法では、肢体不自由者・聴覚障害者・平衡機能障害者も白杖を持つことを認めています。
 白杖を持っている人に対する理解が深まり、障害者に対して思いやりのある配慮ができる社会になれば良いのにと思います。
 写真は、視覚障害者が協同製作した「はくたんストラップ」。裏面には「キケンな時は教えて下さい」と書かれています。問い合わせは、はくたんストラップ制作委員会。(瀧)

募金・ご寄付・ご協賛のお礼