1977年(昭和52年)
9月17日
 創立(任意団体 視覚障害者文化振興協会)
1988年(昭和63年)
 視覚障害者向け専用放送(盲人放送サービスふれあい音友)を開始。
1991年(平成3年)
3月25日
 社会福祉法人が認可(厚生大臣認可)される。
 同年 日本財団(財団法人 日本船舶振興会)の助成金によりスタジオ
 設備・機器の基本整備を行う。
 同年 米国、インタッチネットワークスと提携。
 同年 てんやく絵本ふれあい文庫、開設。
1992年(平成4年)
1月1日
 放送事業名称を「日本福祉放送(JBS)」に変更。
 専用テレビ放送事業、模索。
1995年(平成7年)
1月18日
 阪神大震災による視覚障害被災者を支援する組織「ハビー」の
 支援対策本部をJBS大阪スタジオ内に設置、支援活動を行う。
 同年 通信衛星の活用を模索。
 同年 「視・聴覚障害者向け専用放送システムに関する調査研究会」(郵政省)発足。(JBS参加)
1995年(平成7年)
12月7日
 視覚障害者情報メディア展の開催と通信衛星による実験。
 (福祉医療機構助 成事業)
1996年(平成8年)
1月
 「視・聴覚障害者向け専用放送システムに関する調査研究会」(郵政
 省)の米国の障害者専用放送施設視察に同行。4月、報告書を公表。
1996年(平成8年)
3月1日
 通信衛星によるCATV向け実験放送開始(ラジオ)。
1997年(平成9年)
3月1日
 衛星放送<スカイパーフェク・TV>によりラジオ番組を配信開始。
2001年(平成13年)
1月1日
 てんやく絵本ふれあい文庫事業廃止。(文庫事業の独立に伴い)
2001年(平成13年)
5月17日
 視覚障害者専用ラジオ放送が認められる。
 日本ITU(ユニバーサル・アクセシビリティ賞)受賞。
2003年(平成15年)
7月
 インターネット・ラジオ実験放送開始。
2011年(平成23年) 
 東日本大震災支援活動を開始 (インタッチ)